聖湖上空

メッセージ

日本の自然と山林をこよなく愛する会社

安芸太田町の山林

Foremaが大きくなる事によって、日本の経済および国内生態系にとってプラスになる、そんな事業体を目指しています。

Foremaでは、害獣として駆除された野生動物のお肉を市場に流通させる仕組みを作っていますが、お肉屋さんが目的なのではありません。

無益な殺生を有益な経済活動に

害獣駆除という社会問題を、寄付に頼った慈善事業ではなく、経済活動を通じて軽減させることを目指しています。そして将来的には過疎地での雇用創出、さらには問題の根本である山林および生態系の再生に貢献できるビジネスの構築を行なっていきます。

害獣駆除の現状について

大分県日田市の上津江

野生動物による農作物被害、いわゆる獣害。これによって農家が打撃を受け、中には農業そのものを諦めてその土地を去る人も出ており、過疎と高齢化を加速させる深刻な問題となっています。

そんな背景で行われている害獣駆除ですが、駆除された個体の9割以上が活用されず廃棄されている現実があります。これは野生動物の殺処分という倫理的な問題に加え、食料廃棄という不道徳さも含む深刻な状態です。

私たちが普段食べている野菜は、健康に生きていく上で不可欠なもの。そしてそれらを守るために野生動物を殺さざるを得ない。それでは解決の糸口はあるのでしょうか?

答えはシンプルです。それは食べること。

自然界には基本的に無益な殺生は存在しません。そして害獣駆除も、それを食べる事で自然界のルールに則る事が可能となります。まずは殺したら食べる事。弊社はそういう仕組みづくりを行う事で自然界と人間界の紛争にある程度の折り合いをつけたいと考えています。

駆除そのものを減らすには

羅漢峡近くの山林

害獣問題は、それを食材として活用する事で一定の活路を見出す事が可能です。が、駆除しても個体数はさらに増え、決して抑制に向かっているとは言いがたい状況です。自然界と人間界の紛争の結果である”駆除そのもの”を減らすには、野生動物の出没を減らす必要があります。そのためには

  1. 過疎地への若者の移住
  2. 山林の再生(人工林問題・頂点捕食者不在の問題)

この2点が重要です。強力な外敵(若い人間)の存在は野生動物の行動パターンに変化を与え、少なくとも人間のテリトリー(農地)への出没の抑制につながります。そのためにも雇用創出が重要となります。

同時に、荒れた山林や奥山の再生(人工林の伐採、広葉樹林の復元)によって生態系を従来の健全な方向に戻しながら、野生動物が人里に降りてくる必要性を減らし、”住み分け”による紛争抑制につなげる事が重要です。(その上で絶滅したニホンオオカミのポジションをどう埋めるのかを詰めていく必要あり)

現在は国産ジビエの流通を行なっていますが、2020年をめどに山林再生事業に着手することを目標としています。

日本の自然と山林をこよなく愛する会社として、経済と社会の双方に貢献してまいりたいと思っています。

小泉靖宜 株式会社Forema 代表取締役

株式会社Forema
代表取締役 小泉靖宜